鑑定方法(種別)の選び方

メール鑑定について

<こんな人にお勧め>

じっくり占ってほしい方向き・鑑定結果が数日待てる問題のとき。

<メリット>

事前に占ってもらう内容を整理しておくことが出来るし、鑑定結果がテキストデーターとして手元に残るので繰り返し読み返すことが出来ます。また、ほとんどの占い師は数回程度のサポートをしてくれるはずなので、じっくり心を落ち着けて相談できるはずです。

<デメリット>

占い師との意思疎通がうまくいっていないと鑑定結果に満足できないことがあります。どの程度の個人情報が必要かなど、占術により差があります。占い師とコミュニケーションをとってみましょう。事前に文字数やサポート回数などを確認しておくと納得した鑑定が受けられる。

電話鑑定について

<こんな人にお勧め>

深夜など、急に相談相手がほしくなった方向き。

<メリット>

自宅にいながら占ってほしいときに、すぐ占ってくれる。リピート率が最も高く癖になる!?

<デメリット>

鑑定料金以外に電話料金がかかることが多い。相談が単なる愚痴になってしまうことが多いので、同じ事を繰り返し聞かないようにしたい。最近は占い師から電話をかけるケースもあるが、自分からかける場合、自分が契約しているスマホの料金プランを確かめておくように。

チャット鑑定について

<こんな人にお勧め>

電話するだけでもドキドキする人や、メールよりもタイムラグが無いので質問が多い人向き。家族がそばにいても、声を出さないのでこっそり相談できます。

<メリット>

会話ができない環境でも鑑定を受けられるので、場所を選びません。格安スマホや通話定額サービスに加入していない方も、パケット定額プランに加入していたり、Wi-Fi環境なら通信料がかからないので経済的です。鑑定内容がテキストで残るので、落ち着いてから読み返したり参考にできます。

<デメリット>

+メッセージやiMessage、LINE、スカイプなどスマホアプリを使うので、占い師が使っているアプリを事前にインストールする必要があります。使い慣れていなかったり文字を打つ速度に自信のない人は、あらかじめテキスト化しておくと便利です。

手紙/FAX鑑定について

<こんな人にお勧め>

インターネットや電話の苦手な方。鑑定結果が数日待てる問題のとき。

<メリット>

手元に残るので、あとで繰り返し読み返せる。直接自宅に届くので、メール鑑定よりセキュリティ上は安全。

<デメリット>

手紙鑑定をしている占い師は少なめ。自宅住所を教える必要がある。

対面鑑定について

<こんな人にお勧め>

やはり直接占ってもらわないと確信が持てないと思っている方向き。

<メリット>

微妙な感情も伝えられるし、的中率が最も高くなる。占い師のパフォーマンスも楽しめる。

<デメリット>

直接会うだけに、人としての相性が左右する。事前の予約をしておくと確実。出かける時間が必要なので遠距離だとつらい。

出張鑑定について

<こんな人にお勧め>

病気の人やパーディー、複数人で占ってもらおうと思っている方向き。

<メリット>

出向かなくてもいいので専用占い師感覚。出かけられない人には便利なサービス。

<デメリット>

交通費を支払わなくてはならないことが多く、往復の時間で拘束されるため料金は高めになることが多い。

PAGE TOP