1. 占いTOWN トップ>
  2. 占い知恵袋>
  3. 家族、家庭、子育ての悩み>
  4. 家族、家庭の悩み>
  5. ・・・・>
  6. 先々月、愛猫を亡くしました。この子は13年前に、オス…
本公開掲示板の回答は、個人情報の観点から簡易的な鑑定となりますので、ご了承ください。

受付終了

先々月、愛猫を亡くしました。この子は13年前に、オス…
2021/11/05 09:39:57
エム

先々月、愛猫を亡くしました。この子は13年前に、オス、メス2匹で捨てられていたうちのオスでした。メスの子は今から4年前に亡くなっております。
オスの子が亡くなったことをきっかけに、日々、お線香をあげて2匹の供養をしています。
色々とペットの別れをしてきました。その都度悲しかったはずなのですが、今回は夫も私も心から悲しみに暮れています。いまは後悔と感謝が溢れる日々です。今、心が弱っており、とてもとても悲しくて仕方ありません。
ここでお尋ねしたいです。
・オスの猫(白いオッドアイの巨大猫)は家族以外が嫌いだったのに、病院へ連れて行き、自宅で治療をしようとした私を許してくれているでしょうか。
・また、成仏し、兄弟のメスの猫(白にキジ模様のハチワレ)とあえて仲良くしているでしょうか(生前は大人になってから仲悪かったので気になります)
・今回、夫も相当のショックを受けていますが、次に生き物を飼う機会は来るでしょうか。低学年の子供はいつかなにかを飼育したいようですが、いまは夫は考えられないようです。
もし出会いがあるなら、いつ頃、何との出会いになりそうか、おわかりになれば教えて下さい。相手に、夫と息子の誕生日を入れます。亡くなった猫2匹は、2008/8月の生まれらしいです。
とりとめなくなって申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

相談の回答

  • 2021/11/06 00:50:49

    ちぃ様

    インスピレーションタロットにて鑑定させていただきました。
    猫さん達を、今回、オッドアイさん、ハチワレさんとお呼びします。

    オッドアイさんが、人を惹きつける存在でご家族からとても愛されていたこと、ちぃさんがオッドアイさんを守るために、普段からも、看病に関しても、愛情を持って強いお気持ちで向き合ってきたことがよく伝わってきました。

    オッドアイさんの方も、ちぃさんのことを最期まで心の底から信頼されていたようです。
    ちぃさんがご家族であったからこそ、オッドアイさんは長く幸せだったようです。


    ・オスの猫(白いオッドアイの巨大猫)は家族以外が嫌いだったのに、病院へ連れて行き、自宅で治療をしようとした私を許してくれているでしょうか。

     →オッドアイさんは、ピュアで真っ直ぐな魂をお持ちのようで、嫌なことや苦手なこと、怖いと感じることなどをすぐにストレートに表現する一面はあるようですね。

    ですが、嫌という感情をずっと後まで引きずらないで、切り替えも早い様子があります。
    自分のこだわりやペースを持っていたり、人に媚びない一面もあるようですが、誰かをずっと恨むようなご性格ではないようです。

    そして、オッドアイさんは、ちぃさんがオッドアイさんを助けたくて病院に連れていくことも理解していたようですし、ちぃさん達を安心させてあげたくて前向きに受け止めようともされていたようです。
    病院へ連れて行かれたことも、ご自宅での治療も、ちぃさんのご選択されたことに対して疑ったり、ネガティブな感情は持っていないようです。

    また最終的にはオッドアイさんは、ご自身の寿命を悟っていた様子もあります。

    ですので、ちぃさんがオッドアイさんのことで後悔されていることに戸惑い、心配になっていて、どうすればちぃさんに後悔しないでもらえるか‥と考えることもあるようです。
    ちぃさんの近くで安心させてあげられないことに、とても歯がゆいお気持ちになっているようです。

    オッドアイさんにとっても、ちぃさんとご家族のことはこれからもずっと大切な存在のようです。


    ・また、成仏し、兄弟のメスの猫(白にキジ模様のハチワレ)とあえて仲良くしているでしょうか(生前は大人になってから仲悪かったので気になります)

     →お互いを常に嫌いだったわけではなく、オッドアイさんは負けず嫌いの一面、ハチワレさんは誇り高き一面があり、それが時々衝突してしまっていたようです。

    ただし、ベタベタすることはなくても、お互いの存在をしっかり認めあっていた様子もあります。
    先にハチワレさんが逝ってしまった際も、オッドアイさんは寂しかったようですし、ハチワレさんも残されたオッドアイさんを心配していたようです。

    今いらっしゃるところでも、お互いに譲れない部分は変わらずに譲らない様子はあります。

    それでも要所要所で、それぞれのやり方で、お相手に対して思いやりを持って向き合っているようです。


    ・今回、夫も相当のショックを受けていますが、次に生き物を飼う機会は来るでしょうか。

     →早ければ、年明け1月頃にでも、ご紹介などでご縁がある可能性が出ています。
    その際、やはり、ちぃさんとご家族のお気持ち次第となりそうです。

    ちぃさんご一家であれば大事にしていただけるとの認識が周囲の方々にあるようで、これからもたくさんのチャンスに恵まれるようです。
    数年のうちにも、望まれればすぐにでも叶うようです。

    猫ちゃんとのご縁は今後も多いようですが、ワンちゃんのお話が飛び込んで来ることもありそうです。


    これからも、オッドアイさん達のことは、オッドアイさん達も喜んでくれるようですので、たくさん思い出してあげてください。
    ただし、後悔はもうここまでにされた方が、オッドアイさんを安心させてあげられそうです。

    猫さんたちとの絆は今後も続いていきます。
    ちぃさんとご家族の未来に、よりたくさんの幸せが溢れていきますように願っています。

    この度は、ご指名をいただきましてありがとうございました。

    エム
    2021/11/12 10:36:56
    ありみず様

    この度は真っ先にご回答くださりありがとうございます。また、寄り添っていただけ、沈む心が戻ってこれたので、心から感謝いたします。
    あまり悲しみすぎないよう、夫を励ましながら、向こうにいる子達に心配かけないように過ごしていきたいと思いました。
    譲れないけど尊重しあい(*^^*)過していてくれてよかったです!言われてみれば、生前もそんな感じでした!

    次の出会いは犬であれ、猫であれ、夫に託そうと思います。
    改めて、ご鑑定ありがとうございました!
  • 2021/11/06 12:12:57

     始めましてイロハパパの占い鑑定と申します。
    九星気学を中心にアドバイスさせていただきます。

    【ちぃ様のご相談内容】
    ◆愛猫を亡くされた事に対して、お悔やみ申し上げます。
    ・ペットは、人の心を癒してくれる可愛い動物ですが、猫も犬も人間の7倍で年を取って
     いく為、飼い主は必ずペットの死を受け入れなければいけない悲しい宿命を背負って
     おります。
    ・ペットは大まかに人の言葉を理解して行動できますが、人間は動物の言葉を理解する事は
     出来ませんから、喜びの態度などで判断するしかありません。
    ・ペットが体調を壊した時も、言葉のやり取りが出来ない為に、医者に連れて行く事しか
     出来ませんから、ペットの気持ちを十分理解してあげられません。

    【可愛いペットの死後の供養】
    ◆ペットの供養は、以下のよう4種が在るようです。
    1.ペットは火葬後、そのままペット霊園、納骨堂に埋葬、納骨する。
    2.火葬後、一旦遺骨を自宅(手元)に引き取り忌日(49日、百か日、1周忌等)に霊園に納骨、
     埋葬する。
    3.ずっと自宅(手元)に置いて自宅供養(手元供養)する。
    4.ペンダントやプレートなどに加工して手元供養する。

    【ケジメが必用】
    ◆人もペットも死を迎えた時、悲しむ事は誰もが理解できる事ですが、この世とあの世を
     キチンと見切りを付けないと、人もペットも成仏できません。
    ・交通事故で即死をした道路で同じように事故が起きる事が多きことを聞いた事が有りま
     せんか?
    ・それは、そこでは自分が死んだことを知らない為、そこでお経上げ貴方は死んでいるので
     ユックリ休んでくださいと、供養をして上げないと、霊が呼ぶ事でそこで事故が起きて
     いると言う事らしいです。
    ◆自分も何時かは、死を迎える時が来ます。
    ・その為に人も、ペットも見切りのケジメの時期が49日では無いでしょうか。
    ・動物の霊は、とても強いと言われていますので、キチンと飼い主がケジメを入れないと
     霊がサマヨイ成仏できません。

    ◆ここでお尋ねしたいです。
    ・オスの猫(白いオッドアイの巨大猫)は家族以外が嫌いだったのに、病院へ連れて行き、
     自宅で治療をしようとした私を許してくれているでしょうか。
    ●恨みも何もありません。自宅で過ごせた時間を感謝しているはずです。

    ◆成仏し、兄弟のメスの猫(白にキジ模様のハチワレ)とあえて仲良くしているでしょうか(生前は大人になってから仲悪かったので気になります)
    ●死後の世界は、無です。誰も恨んだり憎んだりすることは有りません。

    ◆次に生き物を飼う機会は来るでしょうか。
    ●49日が過ぎ、亡くなった愛猫の事が、本当に可愛かった、癒しを沢山与えてくれて有難う 
     と手を合わせて、愛猫ちゃんに今度、又私達に癒しを与えてくれるペット居たら、我が家
     に縁をつないでくださいと願っておきましょう。
    ●可愛いペットとの出会いが起きたら、愛猫ちゃんの巡りあわせと思い、手を合わせてから
     は、愛猫ちゃんは良き思い出と切り替える事が出来れば、安心して成仏すると思います。

    ◆2022年の4月に初めての出会いの運気を迎えます。
     
     少しでも愛猫ちゃんの悲しい思い出に、癒しになる事が出来れば幸いです。
     イロハパパの占い鑑定と人生アドバイスでした。

    エム
    2021/11/12 10:36:56
    イロハパパ様

    この度はご回答ありがとうございます。
    あの子達のためにも、悲しみすぎないよう、自分を責めないようにしていこうと思いました。

    そして、夫を労りながら、二匹の楽しい思い出を話題にしていこうと思います!

    改めて、今回はご鑑定ありがとうございました。
  • 2021/11/07 13:48:03

    ちぃ様

    ご質問頂きありがとう御座います。

    大切な猫ちゃんがなくなってしまったのですね。
    今はとても寂しいと思います。
    お察し致します。

    ご質問のオスの猫ちゃんですが、病院へ行くのは自分のためだということは把握していたようですので、許すというよりもむしろ感謝しておりますよ。
    そして、成仏の件ですが、成仏はされておられるようですね。
    メスの猫ちゃんと仲良くされてるようです。
    最後のご質問の、次にペットを飼われる次期ですが、旦那様次第だと思います。
    旦那様が、新しく家族を迎え入れられるお気持ちになったときに、新しくペットを飼われると良いと思います。そして、旦那様が新しくペットを飼いたいと思う時期は、来年の3月上旬頃で、迎え入れるのは猫だと視えます。
    4年前にお亡くなりになった、メスの猫ちゃんの生まれ変わりの仔を飼われる可能性が強く視えます。二匹お迎えされれば、オスの猫ちゃんの生まれ変わりの仔を授かると思います。
    もし飼われるのが猫ではなく犬やウサギ、その他だとしても、飼われていた猫ちゃんたちの生まれ変わりの仔を授かると強く視えます。
    ですので、ペットを飼いたいと思ってすぐにお探しの場合は、生まれたての仔を探してください。少し大きくなってる仔は既に魂が宿ってるので、天上界におられる白いオッドアイの
    仔と白にキジ模様のハチワレの仔ではないからです。
    通常生まれたての仔を飼うのはなかなか難しいので、飼いたいと思ってから2か月後ぐらいに探すのが宜しいかと思います。
    ペットショップや里親募集でお探しになるかと思いますが、以上に懐いてくる仔や、ちぃさんや旦那様、息子さんが理由むなく懐かしかったり可愛く想える仔は、彼らの生まれ変わりの可能性が高いです。
    もし、彼らの生まれ変わりではなくても良いのでしたら、ペットが欲しくなった時にすぐにお探し頂ければと思います。

    最後になりますが、ご家族の皆様が悲しみに暮れているので、猫ちゃんたちがとても心配でしております。
    寂しいお気持ちは良く分かりますが、彼らに安心して頂けるよう、少しずつ前を向いたほうが良いかと思います。

    ご家族の皆様が少しずつでも前を向かれて、また、新しく可愛いご家族を迎え入れて幸せになれますようお祈り申し上げます。

    エム
    2021/11/12 10:36:56
    猫の陰陽師 昴 様

    御慰めの優しいお言葉、ありがとうございます。そして鑑定頂いた中に、またあの子達に出会えるかもしれないというおはなしをきいて、また違った楽しみがうまれました。
    次回の出会いは夫に託そうとは思っていますが、鑑定の内容はしっかりと踏まえて、前向きに進んでいこうと思います!
    改めて、今回はご鑑定ありがとうございました!
  • 2021/11/11 03:10:26

    ちぃ様、ルノルマンカードを通じてチャネリング鑑定をさせていただきました。
    ペットロスのお辛いお気持ちは理解できます。

    亡くなった猫さんたちは、一緒に虹の橋の向こうで仲良く過ごされていました。先に亡くなった猫さんの方は次の生に向かって成仏されかけているようです。
    猫さんたちについては、飼い主様への幸福と愛情を表す花束のカードが出ています。
    恨むという感情も最初からないようです。

    次にペットを飼われる時期ですが、
    カードでは来年の3月以降が有力です。
    2月以降にご家族のお気持ちの回復を表す月のカードが出ています。

    お辛いのはことしいっぱいで、来年からは幸運な時期に入るそうなので、希望を持ってお進みください

    占わせていただきありがとうございました。

    エム
    2021/11/12 10:36:56
    スー@開運リーディング様

    ペットロスの悲しみに寄り添っていただけて痛み入ります。
    2匹とも虹の橋の向こうで安らかに過していてくれて、何より嬉しいことです!
    そして、「幸福と愛情を表す花束のカード」!私が彼らに伝えたいそのものです。涙が溢れてしまいました。
    来年は良い年とおっしゃっていただけたので、夫と慰め合いながら、今年は過ごしていこうと思います。

    改めてご鑑定、ありがとうございました。
  • 2021/11/11 17:25:32

    ちぃ様
    鑑定ありがとうございます。
    この度は愛猫様との辛いお別れ、お気持ちお察し致します。
    九星気学、易、タロットカード、オラクルカード、アストロダイスで鑑定させていただきました。

    まず、オッドアイの猫様からみせていただきますと
    頭で
    「自分の弱さやおかれた状況、全てを受け入れる」「霧が晴れつつある」「全てを受け入れ前進する」「過去の全てを肯定することができる」「悟りの境地」「次のステージへと進める」
    心で
    「信念でことを成し遂げる」「楽観的な思考」「自分の信念となる柱を持つ」「人生を楽しんでいる」
    と、とても賢い猫様のようで、自分の身に起きたこと、生きてきたこと全てを悟り、受け入れ、楽しみながら次のステージへと歩んでいらっしゃいます。
    過去から現在は
    「新しい何かがスタートする」「何が起こるかわからない」「旅立ち、出発が近付いている」「変わりたいという思い」「雷に打たれたような衝撃を受ける」「衝撃は大きいものの一瞬で終わり、その後はスッキリ」
    ご自分の死期も悟られていたようで、お別れというよりも新たな旅立ちだと捉えていたようです。
    病院はちょっと衝撃的だったようですが、今は何とも思っていらっしゃらないようです。
    未来は
    「到達」「目標を無事に達成する」
    カードにある「信念」や「目標」はもう一度ちぃ様たちのところへ戻る為の「転生」かもしれません。
    今年気学でちぃ様、旦那様は「離」を表す星の位置の上にあり、突然の別れが訪れることもあると思います。
    偶然にもこちらの猫様もちぃ様達と同じ星。
    偶然に偶然が重なり、今回の別れとなったのかもしれません。
    ですが、この「離」を表す位置は「再び」「二度目」「リベンジ」も表しますので、「転生」し、ちぃ様達の元に再び現れるための「しばしのお別れ」という可能性も考えられます。この位置に来るのはあと9年後になりますので。
    全てを悟った賢い猫様です。
    ちょっと偶然にしては揃いすぎているかなと思ってしまうような結果でした。
    成仏もしっかりなされていらっしゃるようですし、ダイスでみましても、少々俺様ではありますが、妹猫様と調和しながら楽しく仲良くしていらっしゃるようです。

    次に生き物を飼う機会が来るかですが
    易でみますと
    「切ない現状維持」
    と、旦那様のショックは思ったよりも大きく、心の穴が塞がるまで時間がかかりそうではありますが、家族が慰め、支えてあげて、新しい家族を迎える喜びを諦めなければ、やがて傷は癒え、新たに迎えることができるようです。
    旦那様をみますと
    頭で
    「穏やかな気持ち」「異なるものを受け入れられる心境」
    心で
    「大切なものを守りたい」「将来にそなえたい」「身のまわりを管理したい」「守り抜く」
    と、新しい家族を迎えることは穏やかな気持ちにもなれるし、受け入れたいという考えはあるもの、守りきれない辛さ、先の別れを考えると、今はとても受け入れられる心境ではなさそうです。
    過去は
    「何かが終わりを迎える運気」「大事な人との別れを経験する」
    現在は
    「まだ満足のいく結果を得られる段階ではない」「周囲の期待に応えられない」
    と、カードにも顕著に表れる程愛猫様とのお別れは辛く、とても受け入れられる段階ではないようです。
    未来は
    「現状に苦悶する」「「このままでよいのか」と自分への疑念が渦巻く」「未来の展望が見えず迷いを抱える」
    と、自問自答は暫く続きそうです。
    何年後かをみてみますと
    今年は
    「何かが終わりを向かえる運気」「大事な人との別れ」
    2022年が
    「発展しない運気」「他に手がまわらない」「弱い自分を受け入れられない」
    2023年が
    「新たな挑戦の意欲が沸き上がる」「出発」「不思議なめぐりあわせがある」
    ちぃ様と旦那様の運気は、来年は「真冬」で冷え込み、気持ち的にも手がまわらない、やる気になれないといったような年になるかもしれませんが、2023年は人生の土台が固まっていくような、安定に向かっていく運気になりますので、徐々に取り巻く環境が整うようになります。
    ですので、カードの結果と合わせましても2023年辺りからかと思われます。
    オラクルカードは

    「あなたの力を信じて、進みなさい。」
    ・何事も、早め早めに準備をすれば、たいていはスムーズにことが運び、良い結果が得られ、楽しむことができます。
    しかし慢心は禁物。
    ・あなたには信用があり、頼りにする人もいます。
    あなたにはそれなりの実力があります。

    頼りにしていらっしゃるのは、旦那様かもしれませんが、もしかすると「転生」してちぃ様の元に帰ってこようとしている猫様かもしれません。
    ちぃ様なら必ず自分を見つけてくれると。
    猫様は今、とても前向きに楽しみながら次のステージに向かっています。それは、ちぃ様達と一緒に生きた時間、暮らした日々がとても幸せだったからです。
    今はとてもお辛いと思いますが、猫様のためにも、旦那様共々心の痛みを癒やしお気持ちを整えてください。
    「不思議なめぐりあわせ」が、ちぃ様達に訪れることを心から願っています。

    応援してます。
    μ

    エム
    2021/11/12 10:36:56
    μ 様
    ご鑑定、ありがとうございます。
    確かに、思い返せば賢くて、悪さもしない、怖がりの内弁慶でした(*^^*)生前から本当に俺様でした(*^^*)
    向こうで二匹が会えていて、嬉しいです。
    賢くて不思議な子で、私はこの子に依存していた面もありました。
    「離」を表す星の位置の上に二人と一匹があった、、起こるべくしてなのかもしれないことだったのですね…。
    再び会えることがあると信じて、悲しみすぎないよう、夫と来年一年は、淡々と過ごす気持ちでいようと思います。
    また、私自身に触れてくださり、ありがとうございます。今は充電期間と思い、心身を整えていこうと思います。そして、早めの準備、肝に銘じます。

    ともあれ、猫が幸せだったと思っていたことを知れて、本当に嬉しかったです。
    改めて、ご鑑定、心より御礼申し上げます。

同じカテゴリの相談

PAGE TOP